このページの本文へ移動

参加者インタビュー

参加者インタビューの紹介

「埼玉県コバトン健康マイレージ」に参加されている皆様のお声をご紹介いたします。

リハビリがゲーム感覚

  • 坂戸市:バイクタケさん
  • 男性
  • 60代

私は37歳の時脳梗塞になり、右半身麻痺になり毎日をリハビリと思い歩く様にしていました。障害者手帳の書き換えで市役所に行きマイレージのことを知り参加してみることにしました。始めたらゲーム感覚でとても面白いです。リハビリで歩いていたのが、今ではマイレージを無理せずに楽しみながら毎日を歩いています。本当に有難うございます。

  • 2018年06月28日
  • 坂戸市:バイクタケさんの画像

興味本位がマイレージの虜に

  • 川越市:りめいちゃんさん
  • 男性
  • 70代

歩くことについては関心は全くありませんでした。マイレージのきっかけは川越市の広報誌に掲載されていたので興味本位で応募した程度でした。しかし手にしてみると”やってみようかな“と携帯するようになりましたが、5千歩前後が平均でした。先日友人と会った時、同じ歩数計を持っていて8千歩前後と聞き”よし負けるか!”と気合いをいれて日常や外出の時もはき替えるズボンに必ず入れ替える習慣がいつの間にかついてしまいました。歩行した日はグッスリと睡眠出来、翌朝のスッキリ感が今日は何をしよう、と身体が動きを欲するようになり、興味本位がいつに間にか健康本位になっていることに気付き、寝る前に歩数を確認することが期待と喜びになりました。

  • 2018年06月28日
  • 川越市:りめいちゃんさんの画像

何のためのウォーキング?

  • 狭山市:tabikkoさん
  • 女性
  • 70代

ぐうたらだった私が、健康マイレージを始めてから日曜日以外ほぼ毎日歩く様になりました。毎日の買い物に夫の車で出かけ、荷物は夫に頼み帰りを歩くようにしています。先日こんな事がありました。
いつもより遠くまで買い物に出かけ帰りの歩数を稼ごうと勇んで出かけたのに、肝心の歩数計を家に置いてきてしまいました。忘れた事に気が付いた時、夫はもうさっさと帰った後、張り切っていただけにがっかりしたら歩く気力がなくなりました。そして駅からバスで帰る自分をあざ笑っているもう一人の自分がいました。
何のために始めた歩行?ポイントをもらうため?否そうではないでしょう。
その後は反省してあくまでも自分の健康の為、おまけにポイントをもらえれば楽しみも倍増。無理をしないで自分のペースで歩いています。

  • 2018年06月28日
  • 狭山市:tabikkoさんの画像

日常生活の中で

  • 富士見市:e-Monkeyさん
  • 男性
  • 50代

運動が嫌いな訳ではないのですが、なかなか身体を動かす機会がないので、普段から歩数計を持ち歩き、日常生活の中で「歩く」ことを心がけています。
ご近所でも健康マイレージに参加している方が結構いるので、「いまリーグ○○ですよ」などと話題になることがあります。密かに、あの人には負けたくないな、などと思うこともあります。最近は、エスカレーターやエレベーターを使わず、階段を利用することが増えました。

  • 2018年06月28日
  • 富士見市:e-Monkeyさんの画像
  • 1ページ
  • (全3ページ中)